ロスチャイルド家の歴史と背景
HOME > ユダヤ人としてのロスチャイルド

ユダヤ人としてのロスチャイルド

ロスチャイルドの歴史とユダヤ人の受難の歴史は、互いに切り離すことのできない関係にあります。ロスチャイルド一族の繁栄には、「ユダヤ人であるという誇り」が不可欠であった、というのは当然のことですが、「ユダヤ人であるからこそ受けた屈辱や差別の数々」もまた、彼らにとって欠くことのできない要素の一つだったのです。

ユダヤ人であるというだけで

驚嘆すべきロスチャイルド家の繁栄は、一族の忍耐強さと強靭な意志によって成された、ということは厳然たる事実です。しかしその裏には、長い年月にわたって虐げら…

ヨーロッパ各地で迫害を受けたユダヤ人

13世紀のイギリスでは、ヘンリー三世がユダヤ人を迫害するだけでなく、居住さえも禁じました。また、14世紀にはペストの流行がユダヤ人のせいだとされ、襲撃を…

ローマ法王による接見

ナポリに駐在していたマイヤーの四男カールは、治安維持を目的とした軍隊への費用をローマ法王庁へ融資したことが評価され、1832年、グレゴリウス16世から勲章を…

ウィーン分家、拘束

ユダヤ殲滅を目指したヒトラーの犠牲となったのは、ウィーン分家5代目当主のルイ・ナサニエル・ロスチャイルド男爵でした。1938年の3月、自宅でハーケンクロ…